コモタライフ

福岡在住30代『コモタ』です。椎間板ヘルニアで仕事を失ってから個人で稼ぐようになりました。ヘルニアの生き方を発信中。

【スポンサーリンク】

子供が生まれるから保険の相談に『ほけんの窓口』に行った体験談!感想・評価は?迷ってるなら相談すべき!

f:id:comoken:20180219032634p:plain

こもた家は、順調に行けば5月に子供が生まれます。

『もうすぐ子供が産まれるから保険どうしようっか?』

という会話を嫁とするようになり自分たちだけでは、生命保険とか学資保険とかどういう保険の掛け方をしていいのか全然答えが見つかりません。

ということで、近所の『ほけんの窓口』に保険の相談に行ってきました。

スポンサーリンク
 

率直な感想は、

『保険の勉強になります。』

保険に関して無知な僕でも各保険の説明から入ってくれるのでかなり勉強になりましたし、保険の掛け方の方向性が見えてきました。

現段階で2回相談を受けています。

3回目も予約済みです。

どういう相談をして、どういうアドバイスを貰ったのかこのブログで記録に残しておこうと思います。

我が家の現在の保険の掛け方

僕(こもた)→医療保険の掛け捨て(月3500円)

妻→医療保険の掛け捨て(親掛け)

現在うちの夫婦は、お互いに医療保険にしか入っていません。

入院したら1万円出るくらいの保険です。

かなりよわよわの掛け方です。

子供がいなかったからこれくらいで良いかという考えです。

子供が生まれたらこんなスカスカな掛け方はまずいですよね。

ほけんの窓口1回目の相談。

相談「子供が生まれるにあたってどういう保険の掛け方をしたらいいのか?」

という質問をぶつけてみました。

担当の方

「どのリスクに対して保険を掛けておきたいが大事」みたいな感じで

旦那・妻が亡くなった場合・がんになった場合・子供の学費など、

どういうリスクがあるかの説明から始まり、どういう保険があるかを丁寧に説明をしていってくれました。

これがとても保険の勉強になり知識が身につきました。

1回目の相談は、この説明を聞いて終わったくらいです。

ほけんの窓口2回目の相談

死亡保険金について

2回目の相談では、まず自分や妻が亡くなった時の保険について教えてもらいました。

旦那が亡くなった場合に残された妻と子供が毎月どの位のお金が不足するのか具体的な金額を出してくれます。

パソコンに妻の収入・遺族年金・生活費などその他たくさんの項目に必要な金額を打ち込んでいくと月に足りない金額が出てきます。

その金額をもとに旦那亡くなった時の死亡保険金をどの位もらえる金額にするのか考えます。

また、その死亡保険金をどの保険で掛けるのかも考えていきます。

種類もいろいろあって、

終身保険・定期保険・収入保障保険

などがありました。

僕が死んだ場合

説明を聞く限り、収入保障保険が良さそうな気がしました。

65歳までの掛け捨てタイプで

死亡保険金3300万円

毎月約5000円位の掛け金。

妻が死んだ場合

65歳までの掛け捨てタイプで

死亡保険金1500万円

毎月2000円位の掛け金。

これをベースに次の相談の時に各保険会社で1番安いところをピックアップしておいてくれるとの事でした。

がん保険について

スポンサーリンク
 

がん保険については、会社によって保障の仕方が若干違いがあるみたいで。

がんと診断されるだけでお金が貰える保険だったり、治療費までお金がもらえるタイプだったり特約としてる保険だったり色々ありました。

なので、3つの会社のがん保険の保障内容をこまかく聞きました。

メディフィットプラスと終身がん治療保険とメディコムで悩んでます。

現段階で診断だけでもらえる方が良さそうな気がします。

学資保険について

こどもの学費を貯めるのは、学資保険が良いと思ってたんですけど最近は終身保険を利用されてる方が多いみたいですね。

学資より終身保険が良いと思った理由

学資保険は、契約者(パパかママ)が亡くなった場合は、その後の支払いはしなくても満期の保険金を受け取れるメリットはあるんですが、それよりも終身保険に入り死亡保険を掛けつつもしっかり子供の学費も貯めれる方がメリットが大きいんですよね。

18歳くらいにお金を受け取りたいと考えて

学資保険で18歳で満期で受けとれる金額と

終身保険で18歳で解約して受け取れる金額が対して変わらないのだったら絶対終身保険の方がいいですよね。

 

最近の学資保険は、利率が昔ほど良くないみたいです。

終身保険のライズでしたら、16年以上払い込みしてたら解約しても払い込み金額に対して100%は超えてきます。

払った金額以上の金額は受けられるという事です。

これが学資保険よりも終身保険で子供の積立をした方が良いと思った理由です。

まだ契約してないですけど、子供の積立は終身保険のライズにする予定です。

スポンサーリンク
 

まとめ

子供が生まれる予定で保険を見直したいと思ってる方は、ほけんの窓口に相談だけでも行った方が得策だと思います。

いきなりの保険の営業などありませんし、かなり細かい分析とアドバイスをしてくれます。

夫婦で保険の勉強をしに行くと思って相談にいくと得した気分にもなります。

担当者によって当たりはずれはあるかもしれないですけど、僕たちの担当者はとても親切に対応してくれて話しやすいのでこれからも相談をさせて頂きます。

はじめて「ほけんの窓口」を利用してビジネス的に感じたことは、これだけ親切に相談に乗ってくれたら保険の契約もバンバン取れちゃうよなって!

お客様に対して、無償で保険の情報を与えて与えて与えまくって。

そこでお客さんとの信頼が出来上がっていき、最終的に保険の契約が取れてしまう。

どんなビジネスでもやっぱり最初は無料や無償で与えることが大事なんだなって改めて気付かされました。

次回は、ほけんの窓口に3回目の相談に行きます。

保険の契約まで決まったらまた記事にしたいと思いますのでブログに遊びに来てくださいね。