コモタライフ

福岡在住30代『コモタ』です。椎間板ヘルニアで仕事を失ってから個人で稼ぐようになりました。ヘルニアの生き方を発信中。

【スポンサーリンク】

福岡30代男性のにきびの治し方!おすすめの皮膚科も紹介。

f:id:comoken:20170508214747j:plain

今日は、自分のコンプレックスを記事にしてみたいと思います。にきびができるとテンション下がりませんか?こもたは、男だけど女子並みに落ち込みます(笑)鼻の下とかほっぺたに大きなにきびが出来たら、もう外に出たくない気持ちになる位落ち込みます(笑)今は、昔に比べてにきびが出来にくくなってきたので、少し恥ずかしいですが、実際に行ってるにきび対策と治療を紹介していきます。

スポンサーリンク
 

いつから?

さかのぼる事、15年前の高校時代ににきびが異常発生し、そこからの付き合いになります。付き合いたくないですけど(;´Д`)

大人になったらにきびって治るって思ってましたが、33歳の今でもにきびと戦っています。もしかして、おじいちゃんになるまで戦い続けないといけないのでしょうか?そう思うとぞっとします(;_;)

原因は?

こもたがにきびができる原因は、

①生活が不規則。夜勤がある為、毎日寝る時間がバラバラ。

②甘い物が大好きな為、糖分を取りすぎてる。

③タバコを吸ってるから体のビタミンを吸い取られる。

これらが原因で今でもにきびがポツポツできてると思います。

①は職業がらしょうがないですが、②と③は強い意志でやめようと思えばやめられます。こもたが意志が弱いのがばれてしまいますね。

 

まずは病院に行きましょう

にきびが気になりだしたら、まずは病院の皮膚科にいきましょう。薬局で買うよりも薬代は安いですし、専門の先生に診療して貰って、処方して貰った方が安心感も増します。

どこの病院に行ってるの?

私が定期的に行ってる病院は、福岡市中央区薬院にある

薬院髙橋皮ふ科クリニック』です。

このクリニックは、美容機器が充実してるのでにきび以外にもシミ、そばかす、たるみ等々幅広く対応できる所が魅力です。

流れはこんな感じ

1、先生の診察・にきびの状態や皮膚を観察され、処方する薬を決めて貰う。

             ↓

2、別室に行って、看護師に塗り薬を患部に塗ってもらう。

             ↓

3、最後にサングラスをして、レーザーをにきび部分に5分間当てる。

             ↓

4、薬局に行って、薬を貰って帰ります。

いつもこんな感じの流れです。以前にきびの状態がひどい時は、レーザーの後に専属のエステティシャンに顏にビタミン導入して貰ってました。

 

どんな薬が処方されるの?

 

f:id:comoken:20170508230314j:plain

大体いつもこの4つが処方されます。

・58の漢方➡清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)と言って、にきびを改善する薬として、毎食前飲んでいます。

・みどりのローション➡ナジフロローションと言って、洗顔に塗ります。ちょっぴりスースーして気持ちいいです。

・白い錠剤➡タリオン10と言って、赤みを取る効果と痒みを抑えてくれる効果があるみたいです。食後飲んでいます。

・白いチューブ➡ディフェリングゲルと言って、寝る前ににきび箇所に塗る薬です。

 

毎日ちゃんと服用すると?

 先ほどの4つアイテムを毎日ちゃんと服用・塗布していけば、にきびはそれなりに改善していきます。それにプラスして、規則正しい生活や適度な運動、しっかりとした睡眠をとっていけば、必ずにきびは改善していきます。

 

それでも治らない時は?

毎日これを飲みます。

結構効きますよ。やっぱり体には、ビタミンが必要なんですよね。

 究極の奥の手

色々試したけど、治りが悪いって人におススメしたい。それは、

 

『プラセンタ注射』

 

『フォトエステ』です!

 

これは、美意識の高い妹に

 「あんた肌汚いけん絶対プラセンタ注射とフォトエステしたがいいよ」と言われ、

 

実際に試した事があります。どちらも福岡では最安値じゃないかと思う位お手頃価格で気軽に行ける場所を教えて貰って、行っていました。かなりいいですよ(*^o^*)最近は、調子が良くなりあまり行ってないですけど。

 色んな効果が期待できるので、かなりおススメです。どちらも男性は、受けずらいし、行きづらい場所かもしれないですけど、こもたが行ってる場所は、普通の病院とこじんまりしたエステ店なので、気軽に行けますよ☆長くなったので、どこの病院とお店なのかは、また次回書きますね。

まとめ

・にきびを治したいと思ったら、まずは皮膚科に行きましょう(^_-)-☆

・生活習慣を正しくしましょう。

・お金に余裕がある時は、プラセンタ注射とフォトエステ試してみましょう。

 

スポンサーリンク