コモタライフ

福岡在住30代『コモタ』です。椎間板ヘルニアで仕事を失ってから個人で稼ぐようになりました。ヘルニアの生き方を発信中。

【スポンサーリンク】

椎間板ヘルニアで介護職休業して1か月経った現状報告。

f:id:comoken:20170626034018p:plain

こんにちは。最近太ってきてるこもた(@komotalife)です。

椎間板ヘルニアで仕事を休業して、もう1か月以上が過ぎました。

今回は、現在の腰の具合と今後について書いていきたいと思います。

5月上旬の腰の状態

 仕事が出来なくなった時は、少しでも腰を曲げると激痛が走っていました。前かがみになっても痛いし、後ろに剃っても痛い状態です。そして、ずっと立ってる事が出来ませんでした。

 6月26日の腰の状態

スポンサーリンク
 

 1か月以上も安静にしてると腰の調子もだいぶ良くなってきました。

現在の腰の具合は、長時間立ってたり、座ってたりすると腰と足に痛みが出てくる感じです。時間にして、大体ですが40分~50分位です。この痛みが早く消えてくれるといいんですけど。

どんな生活をおくってるの?

基本は、家で安静にして食後や寝る前に薬を飲んでいます。そして、週に4.5回病院に通って電気治療をしたり、整体に行って、筋肉をほぐしてもらったり、超音波治療をしています。

先生の診断は?

今、通ってる病院の先生は、わたしのMRI画像を見る限り、手術するまではなく、このまま安静と通院と薬で様子を見ていきましょうとの事。

わたしの考え

先生は、手術をすすめませんが、わたしは手術をした方がいいのではないかと思っています。ある程度痛みが出なくなったとして、仕事復帰したとします。

そこで、またぎっくり腰や腰痛ですぐ仕事が出来なくなったらどうしようって不安があるんですよね。

椎間板ヘルニアになった以上、この不安はずっと付きまとうとは思うのですが。

過去にレーザー手術の経験あり

なぜわたしが先生がすすめない手術を考えてるかというのは、わたしが当時21歳の時に椎間板ヘルニアになり、ほぼ動けない状態までになり名古屋の病院でレーザー手術をしました。

その手術が成功して、その後は普通の生活を送る事が出来ていました。それから十数年が経ち、ヘルニア再発という形なんですよね。

なので、またその手術をしたら痛みが消えてくれるのではないかと期待してしまうのです。

送ってみる事にした

21歳の時にレーザー手術をしてくれた先生は、僕のMRI画像を見てどういう診断をしてくれるのか知りたくて、その病院に連絡して、MRI画像を送る事にしました。

2日前に送ったので、先生の所に届いてる位だと思います。

届いたら、先生がMRI画像を見て、電話で診察結果を教えてくれるようになっています。

レーザー手術するのかな?

もし、先生が手術をすすめたら、わたしはレーザー手術をしようと思います。

過去にそのレーザー手術で良くなってるのもあるし、早く治してしたい事がたくさんありますので。

先生がどういう判断をするか分からないですが、今週中には診断結果の連絡があると思うので、それまではちょっと気持ちが落ち着かないですね。

まとめ

本当、健康って大事。人間体のどこか1つでも痛かったり、調子が悪かったりすると気持ちが滅入ってしまいます。自分も椎間板ヘルニアでだいぶ落ち込んだりしました。

ですけど、世の中には命に関わる病気とたたかってる人はたくさんいます。

そう考えると椎間板ヘルニアで落ち込む日々よりも 大切な家族がいる事、大切な人と普通に生活できる事、美味しいご飯を食べれる事、たまに遊べるお友達がいる事、自分の趣味ができる事に感謝して、前向きに生きていかないといけないですね。

スポンサーリンク