コモタライフ

福岡在住30代『コモタ』です。椎間板ヘルニアで仕事を失ってから個人で稼ぐようになりました。ヘルニアの生き方を発信中。

【スポンサーリンク】

椎間板ヘルニアによる腰痛で介護職を退職の危機!介護士5年目の苦悩。

f:id:comoken:20170605145454p:plain

こんにちは。こもた(@komotalife)です。

タイトルにしてますが、介護士5年目にして私の腰は限界を迎えてしまいました。

今年、無事に介護福祉士に受かり、施設でもフロアリーダー3年目で介護士としてこれからって時に椎間板ヘルニアは発症してしまったのです。

その経緯を話していきたいと思います。

1回目のぎっくり腰

スポンサーリンク
 

2017年の1月下旬に朝起きたら、腰に激痛が走りました。寝る前も腰の痛みはあったのですが、起きたら歩く事もままならず、仕事を休みました。

お医者さんの診断は、とりあえず「薬飲みながら安静に」との事でした。

ちょっとの動作で激痛が走り、3日はまともに動けなかったですね。

4日目から動けるようになり、仕事自体は1週間休み仕事に復帰しました。

この時は、ただのぎっくり腰だと甘く見ていました。

2回目のぎっくり腰

2017年2月は、ぎっくり腰から復活して、普通に仕事してたんですけど、夜勤を終えると、腰に痛みが走っていました。

そして、3月下旬に再度ぎっくり腰を起こしてしまいました。

症状は、1回目の時と同じように3日間位まったく動けない状態です。

歩けても、壁などをつたって歩く感じです。

お医者さんの診断はまたしても薬服用と安静で、1度ぎっくり腰を起こすと癖になりやすいとの事でした。

この時は、仕事は2週間位休み復帰しました。

仕事復帰

仕事に復帰しましたが、夜勤は外して貰う事にしました。

うちの施設の夜勤は、基本17時から朝の9時までです。夕飯食べる休憩が30分と仮眠を取る休憩が1時間30分でそれ以外は、ほとんど動きっぱなしです。

その夜勤をこなせる腰ではなくなってしまったのです。

日勤だけで働いてましたが、腰痛は常にありました。

痛みに耐えながら仕事

2017年5月に入ってからは、腰の痛みがどんどん増してきました。

痛みの耐えながらの仕事は、本当に辛く、もう心も完全に折れていました。

しかし、施設は人手不足。自分が休んだら、みんなに迷惑かけてしまうという気持ちから痛みに耐え続けていました。

ついに限界

痛みがどんどん強くなってきたので、休みの日に病院でブロック注射を打ってもました。次の日出勤するも痛みは、全然柔らいでいません。

何とか起床介助はこなしましたが、その後立ってるのもしんどい痛みに変わり、その日は早退しました。痛みもすごく辛かったけど、早退する事や休む事よりに周りのスタッフに迷惑かけてしまうのが1番胸が苦しかったです。

MRIでの診断

次の日、病院でMRIを撮ってもらい診断して貰いました。その時のMRI画像を載せておきます。

f:id:comoken:20170605161223p:plain

骨と骨の間にあるのが椎間板です。そして、その右側を通ってる白い線が神経です。

赤い丸の中を見せほしいのですが、椎間板が飛び出して、神経を圧迫してるのが分かりますよね。これが『椎間板ヘルニア』です。

神経を圧迫してるので、常に痛みが走るわけです。

お医者さんに言われたのは、この椎間板ヘルニアに加えて、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)もある言われました。

これは、ビュルゲル病といって足へいく血管がつまってくる病気ともう1つが腰の脊椎で脊髄が締めつけられ細くなる病気です。

症状は、じっとしてると何ともないが何百メートルか歩けば、脚がしびれてくる事があります。

言われてみれば、勤務中あしがよくしびれていました。

2つの症状が出ており、診察結果を聞いてかなりショックを受けました。

スポンサーリンク

 

 退職の決意

診察結果を聞いて、もうこの腰では介護の仕事はできない。仕事を辞めるしかない。仕事を辞めて、腰を治して、腰に負担の少ない仕事を探すしかないと思いました。

上司へ報告

2017年5月中旬、施設の管理者にMRIでの診察結果を報告し、仕事を退職したい旨も伝えました。すると、

管理者は「このまま辞めてもいいけど、こもたくん無収入になってしまうやろ?傷病手当っていうのがあるけん、一旦それ貰いながら治るまで休んだらいいよ」

 と言ってくました。

仕事辞める気でいましたが、その上司の優しい判断と収入がなくなる不安からその管理者の言う通りにしました。

 現在の状況

 5月中旬からずっと仕事を休み、病院や整体に通ってる状況が続いています。もう2週間以上休んでますが、なかなかよくならないのが現状です。少し調子が良くなっても、長時間椅子に座ってたり、長く歩いたりすると痛みが出てきます。

これから

あと1か月位安静にしていても痛みが変わらないようだったら、レーザー手術を考えています。出来れば手術は避けたいのですが、また普通に働けるようになるには色々手段を試していかないといけません。

追記

7月にレーザー手術を受けました。その時の記事です。

www.komokomota.com

現在、わたしは33歳で嫁もいます。子供も欲しいので何とかして腰を良い状態に戻さないといけません。

お先真っ暗で、心が滅入りそうになりますが、滅入ってばかりでは明るい未来は訪れてくれないので、もがいて・もがいて・もがきまくって明るい未来を切り開いていきたいと思います。

記事にした想い

ブログに自分の辛い部分を書くのは、ちょっと抵抗がありました。なんせブログを始めたきっかけは、介護士での給料が少ないので、少しでも収入発生したらいいなという想いで始めましたので。

もし自分と同じようにヘルニアで腰痛に悩んでる人がいたら、情報の共有とかしたいですし、もしヘルニアの状態が良くなったらその方法とかも発信していきたいと思ったので、記事に残すことを決めました。記事も横になったまま書いてます。

わたしと同じようにヘルニアで苦しんでる方いましたら、声をかけてほしいです。

コメントやツイッター等で絡んでほしいです。そして、ヘルニアに効果がありそうな治療等の情報の共有をしてほしいです。よろしくお願いします。

追記

2017年12月末に介護職を退職しました。

7月にレーザー手術を受けたのですが、変化はなく無理しなければ普通の生活はできるのですが、無理をするとすぐに腰痛で動けなくなってしまうので退職する形を取りました。

スポンサーリンク